言葉の賞味期限

 

”言葉には賞味期限がある”と何処かで聞いたのですが、=文章も同じですよね。

この頃その”賞味期限”の概念をつくづく実感しています。

 

とにかくリアルタイムが大切だなと。

しかし一部は除いての話です。テーマが決まっていたりする記事は気にする必要がないと思います。

ただ、”その時”を書き起こす時は、その日の内に書いて公開するのが一番いいと思っています。

 

一番自分書きたい内容に対して、感情が高ぶった時に書く方が中身が充実します。しかしそれを後日後付けで書くと、感情も更新されてしまうので、割とちんぷんかんぷんな内容に。

 

空いた日にずっと考えをまとめて寝かせていたなら話は別だと思うのですが、まあ後でくらいの気持ちだと賞味期限は切れてしまう。出しっ放しで放っておいたらダメということですね。

「絶対的にこうしなければいけない」と決まったルーツはないけど、自分でさじ加減を考えた方がいいのだろうな。

 

今、昔の感情を事細かに書き出そうと思っても、その時よりはどうしても劣ってしまうわけで。

言葉の繊細さに気付かされます。